規則的な生活習慣など、できるだけ入園までに身に付けていただきたい事もありますが、たとえ全部ができていなくてもあまり心配する必要はありません。子どもはじっくり成長するもの。興味を持ったことは、どんどんやらせてあげて下さい。『子どもががんばる→親が見届け、誉める→子どもはまたがんばる』この繰り返しこそ、親子関係と子どもの成長に欠かせないのです。
一番気を付けて頂きたいのは、何かできない時に「そんなことでは幼稚園には行けないよ」とか「先生に叱られるよ」などと言って、幼稚園や先生に対して怖いイメージを持たせないこと。「幼稚園っておもしろそうだね」と声をかけながら、一緒に本書のページをめくって下さい。
きっと入園が待ち遠しくなるでしょう。

夜更かしは学習能力が下がります
集団生活では時間に制約があります。きまった時間にきちんと起きられるよう、早めに習慣づけましょう。子どもが夜更かしをする原因を作らないよう、家庭ぐるみで規制正しい生活を心掛けてあげてください。また、人とであった時のあいさつや、名前を呼ばれた時の「はい!」という返事はコミュニケーションの基本。おうちの方が、笑顔で元気なお手本をいつも見せてあげて下さい。


何でも食べる子は友達がたくさんで来ます。
好き嫌いを少なくして、食事を作った人や食材などへの感謝を込めて「いただきます/ごちそうさま」を言えるように毎食意識してみて下さい。特に家庭では、食べ物を口に入れて喋らない・途中で立ち歩いたりしない・こぼさない等食事のマナーを教えてあげましょう。
ただし、無理強いをすることが最も問題。一家団欒の場として、いかに楽しい雰囲気の中で食事をとるかが、一番大切だと言うことを忘れないで。


自分を大切にしましょう
目や耳、鼻など治療を必要とする病気や虫歯などは、入園日までに治しておいて下さい。心から楽しく園生活を送るために、体の健康は欠かせません。集団生活をすると風邪などうつりやすくなります。病気予防や他の子にうつさないと言う意味でも、毎日のうがいや手洗いといった基本を、親が手本を示すつもりで一緒に行ってあげるのが大切です。


自立は排泄からはじめります
自分で「おしっこ」と言えるようにしておくことを、まずは目標に。排泄には個人差があるので、家庭でも「したくなったら言う」という習慣づけをして下さい。失敗しても叱ったりせず、「おしっこ」と言ったら誉めてあげましょう。すると子どもはだんだん意識するようになってきます。
できたら次のステップとして、用便の始末を自分でできるように慣れさせて下さい。


本は考える力をつけます
かぐや第一・第三幼稚園では、読み聞かせの時間を大事にしています。例えば"咲いた、咲いた"そんな易しい、繰り返しの言葉がずっと大きくなるまで影響して、心の豊かさ・感情の豊かさを育むことになるのです。子どもたちにとって絵本はワクワクの詰まった宝箱。興味を持つものや、関心を向け始める時期も人それぞれなので、家庭では日常の好奇心の行方を見守ってあげて下さい。

 
 

(C)Copyright かぐや幼稚園 , All rights reserved.
E-mail kaguya1@kindergarten.ed.jp E-mail kaguya3@kindergarten.ed.jp