輝(かぐや)幼稚園は、昭和27年9月、岐阜市羽根町25番地(十六銀行本店西)に創立されました。園名となった輝(かぐや)は、当時、岐阜市長であった東前豊氏によって命名され、竹取物語に登場する輝姫(かぐやひめ)と、勝利者を意味する月桂樹を重ね合わせたもので、「輝く子を育てる」という意味が込められています。その名のように私達は元気な輝く子どもたちの育成に励んでいます。

かぐや幼稚園の頭文字のKは3つの図形によってデザインされ、自然(山・川は青色)、太陽(輝きは赤色)、人の和(家庭と園は橙色)の協調を表現しています。これは、かぐや幼稚園の教育環境を意味すると共に、恵まれた環境と深い愛情こそが、豊かな人を育てるのに最も大切なものであることを伝えています。




かぐや第三幼稚園
園長 篠田靖之
子どもたちは、成長するにしたがって興味や体験を広げ、それによって生活の場も次第に広がって行きます。その第一歩が幼稚園です。初めて同年代の子どもたちや両親以外の大人の存在にふれ、人間として生きるための「生きる力」を身につける大切な場所が幼稚園です。「かぐや第一・第三幼稚園」では、教育要領の五領域である、健康、人間関係、言葉、表現、環境をふまえた上で、いろんな遊びの中から、どのような活動が大切なのかを常に考えています。

五感「五官」を通しての活動、具体的には自然観察や社会見学などの園外保育時間を多く取り入れ、教育内容の充実に努めています。子ども一人ひとりの様子をよく見届け、個性を認め、賞賛し、適切なアドバイスを与えながら、"やればできる"という成就感を体験させてやりたいと思っています。『美しいものを美しいと感じる感性豊かな心(音感指導)がんばりのきくたくましいからだづくり(水泳指導)』を教育目標に揚げ、実践して大きな成長をあげています。


かぐや第一幼稚園
園長 篠田薫

平成29年4月、かぐや第一幼稚園に隣接したサンホール1階で、小規模保育「かぐや第一保育園」を開園しました。 開園した背景に、少子化の中共働きの御家庭が増え、3歳未満で保育園に通うお子様が年々増えていることがあります。保護者の方が、安心してお子様を預けれる場所、毎日通う子ども達が安全に楽しく過ごせる場所となるように、また、小規模保育ならではの"アットホーム"な雰囲気の中で過ごせるように心がけています。  食事、排泄、着替え、挨拶等の基本的生活習慣を身につけることはもちろんですが、保育士との心のつながりも大切にしたいと考えています。「先生がいてくれたら大丈夫!」「お友達、大好き!」「早く保育園行きたいな!」…かぐや第一保育園が、保護者の方にとっても、子ども達にとっても、そんな場所になるよう願っています。 幼稚園が隣接しているメリットも生かし、「幼稚園ってこんなところだよ」と園庭で遊んだり、一緒にバスに乗ってお出かけしたり… 2歳児のお友達は、「もうすぐ幼稚園!」と、3学期には一緒に「おはじまり」もして、幼稚園生活を体験します。体育あそびは、幼稚園の満3歳児つぼみ組のお友達と一緒にしたり、かぐや第一幼稚園のお友達との交流も盛んです。「かぐや第一幼稚園」の教育にも共感していただけましたら、このまま年少からも慣れた環境のかぐや第一幼稚園に入園いただければ幸いです。  主役は、子ども達!そして、子ども達を囲む、おうちの方や保育園の先生・・・笑い声いっぱいの楽しい保育園を目指しています。

かぐや第一保育園 園長 坂 玲